人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

バリでフマキラー見っけ!

b0122703_19184561.jpg
さっき部屋で蚊に刺され、ふと思い出した!
そうだ、ベープ買ったんだ。^^

日本で使うことを前提に、ビンタンスーパーで購入。
オレンジの香りの方をチョイスしたけど、確かにいい香り。
バリの蚊取り線香みたいに、死んじゃいそうな、
強烈な匂いではないね。

さすがフマキラー!

1プッシュで10時間は効果が持続するらしいけど、
網戸の立てつけの悪いボロアパートでも大丈夫かな?
(大家さんごめんなさい・・・)


そこそこの値段なので、効果に期待!
      Rp34,650
(2012年7月ビンタンスーパーにて)

by bali-no-sora | 2012-08-31 20:14 | バリでお買い物

こういうイネ飯、じつは好き

スミニャックの漁師向かいにある、この滞在で行きつけになったネット屋さんを出て帰る途中、
「THE HEVEN」の近くにいたバイク。

b0122703_21291480.jpg

お~、ちょうどいいところでみっけ~!
お腹すいてて、夕飯どうしようかと思ってたところだったので、ラッキー。

みんた なしぶんくす さとぅ。

鶏と卵の2種類あるというので、鶏を選択。
すごく小さいお弁当なので、小腹がすいたときなどにちょこっと食べるのに調度いい!

b0122703_21345525.jpg

本当にちょこっとだけなんだけど、辛くて食べた感じがしっかりしました。^^


この時おじさんにお支払い(Rp5,000)した後、写真を撮ってもいいかな?と聞くと、
メチャクチャ照れくさそうに「いいよ」と答えてポーズをとってくれた。
たぶん、私みたいな観光客らしき日本人におじさんがお弁当を売ることは珍しいんだと思う。
最初声をかけた時、すごくビックリしてたから・・・。

写真の顔は固まってて恐いけど、笑顔が可愛いおじさんでした。

by bali-no-sora | 2012-08-30 21:46 | バリのご飯

クバヤの着付け

いつだったか「自分のクバヤを作りたい」と彼に言ったら、「うちにあるからいいよ」と言われ、
それ以来、面倒臭いのでお寺に行く時にはいつも借り物で済ませている私。

きつい服、動きにくい服が苦手な私は、体にピッタリのあまり伸びない生地で作ったクバヤも苦手。
なのであんまりクバヤに興味がなく、お子様が着るようなテロンとした、親戚のお下がりがお気に入り!

息苦しかったり、お腹回りがきついとすぐに具合が悪くなるので、
長時間待たないといけないお寺でのお参りなどでは、ゆったりしたクバヤが一番!^^
下腹あたりに巻く、何ていうんだっけ?
あれもしないし、ビスチェタイプの下着も付けず・・・。
大きい小学生みたいだけど、具合が悪くなって迷惑をかけるよりはいいかな?と・・・。

残念なことに、お洒落にもあまり興味がないので、どーでもいいのです。^^;

b0122703_2223017.jpgさて、そんな私にメメッ(お母さん)が用意してくれたのがコレ→
ボタンがいっぱいついていて面倒臭いけど、
まったくピッタリ感はないので楽チン!

下に巻く布は着物と同じ左前に巻くんだけど、
いまだにイブかお姉ちゃんが巻いてくれる。
「もう自分1人でできるよ!」と言いたいけれど、
私のマンディ終わりを待っていて、必ず着付け係として誰かしらが担当してくれる。
何も言わなければボタンまで留めてくれる。^^;

かな~り子供扱いだけど、今はまだ有難く思っている。

いつか、クバヤを着る機会が増えてきたら、自分のクバヤを作るかもしれない。
そしたら、少しはクバヤに興味を持てるかもしれない。
その頃はスイスイ自分で着られるようになっている、はず!
たぶん。^^;

(写真はムンジャンガン島へ渡る桟橋にて・・・)

by bali-no-sora | 2012-08-29 22:44 | バリのへぇ~

初めて見た豚の解体(写真ナシ)

写真は保存し損ねて消しちゃったけど、かなりエグかったので無い方がいいよね?^^


明日はガルンガンなので、いろんな準備に忙しい日々を過ごしていると思われる、バリの家族たち。
彼も今朝家路についたらしい。

私は去年の夏、初めてガルンガンをバリの彼の実家で過ごした。
そして、そのとき初めて豚を絞め、解体するまでの一部始終を見学できた。

妹(小学生)と一緒に、深夜1時の予定とされていた解体開始時間までワクワクして寝られず、
ベッドでずーっと大騒ぎ。^^
そして解体を手伝ってくれるおじさんたちが到着したバイクの音で、急いで外に出て見学開始!
小さい頃、父親がニワトリを絞めたり、ウサギを絞めたりした光景を覚えているので、案外イケるんです。

ただ、子豚ちゃんの鳴き声は切なかった。
首元を刃物で切り、まずは血をいただくのだけど、一滴たりとも漏らさないよう注意深くしていることには感心。
その間、鳴き声をたて続けていた子豚ちゃん。
「大丈夫だよ、あなたの体の全てを、大事にいただくからね。ありがとうね」
そんな気持ちでじーっと見続ける私。
お兄ちゃんたちに「よく見てられるね」と驚かれたっけ。^^;

絶命した子豚ちゃんの体の毛を燃やして取り除いた後は、キレイに洗いながら内臓を少しずつ取り出し、
その内臓もキレイに洗い、解体は終了。
本当に一体丸ごと、少しも捨てることなく全てをいただく。

b0122703_1452619.jpg

おじいちゃんはラワール作りの名人ということで、その後はおじいちゃんのお手伝いをしつつラワール作り。
をしていたらしい・・・。
そのときはみんなに「疲れたでしょ?もう寝なさい」と子供扱いされ、寝かされたので途中までしか記憶ナシ。

お母さんやお義姉ちゃんたちはみんな就寝のままで、男の仕事といった感じ。
すき好んで見るものでもないかもね?
ただ、一度くらいは見ておきたかったので、とてもイイ勉強になりました。

解体を手伝ってくれたおじさんになぜか気に入られ、絶対に彼と結婚しなさい!と言われたのはこの日の夕方。
お酒を飲み過ぎたせいか、涙ながらに訴えるおじさん。
初対面だったけれどその言葉と気持ちは、とてもうれしかった。
そんなこともあってか、彼の口癖は「みんなそらのこと好きなんだよ。なんでだろう?」になった。
お酒も煙草も飲むので、いつも彼の友達の酒飲みの輪に加わり、女の子らしさが欠如している私なのに・・・。^^;

今年もおじさんは手伝ってくれたのかなぁ?
そして私のことを思い出してくれたら、うれしいなぁ~。

※ちなみに写真のバビグリンは、どこかのワルンで食べたものなのであしからず。^^;

by bali-no-sora | 2012-08-28 14:07 | バリのへぇ~

テガルサリ脇の田んぼで・・・

テガルサリのレセプション脇の小道を通って出掛けた時、
北隣りのレストラン(サークルKの入っている建物の隣り)、下の写真の左にあるレストランかな?

b0122703_13381725.jpg

そこのスタッフが窓から田んぼへ降りてきた。


b0122703_13413773.jpg
b0122703_13414815.jpg

何か落としちゃったのかと思って見ていたら、ベベッが落とした、産み落とした卵を拾ってた。
窓から女性スタッフが見ていて、場所を教えていたみたいで、ケラケラ笑いながら楽しそうに卵拾い!

ひとつだけかと思ったら、もうひとつ見つけたらしく見事2個ゲット!
「どーしたの?」と聞いた私に、「卵、卵ぉ~」と笑顔の彼。

このあとこの卵、どうしたのかな?

by bali-no-sora | 2012-08-27 13:46 | バリの景色

テガルサリの超貴重な部屋~つづき

室内写真です。

b0122703_11153562.jpg
b0122703_11153960.jpg
ひとりぼっちなのに、ベッドは2つ。
今日はこっちで寝て、明日はあっち?
迷うなぁ~。
(別に両方使わなくちゃならないことはないのに・・・)

私は意地でも使いたかったので、昼寝をシングルベッドでしてましたが。^^;


b0122703_11174869.jpg
陽のあたる東の角にバスタブがあったので、朝湯に浸かるには最適!
と言いつつ、使わなかったけど・・・。
門の内側から閂(かんぬき)をかけておけば誰も入って来られないので、シェードを上げたままの入浴可でーす。

反対側にシャワーブースがあったので、私はそちらのみ使用。
洗面スペースも、トイレもすべてこの部屋に集約されていたので、使い勝手が良いようで悪かったような・・・。
でも、だいたいそんなもんだよね。
どっちにしても、1人旅なら問題ないのだけれど・・・。


b0122703_11213084.jpg
門から部屋の入口までのアプローチ。
小さいけれど、この庭は一人占めできるからなんだかリッチな気分!
田んぼは見えなくても、この庭の木々や葉っぱ、花たちを見て私は十分リラックスできました。
あと、出没率の高いニャーたちもおかげもあったかな?

必ずといっていいほど外出から戻ると、テラスのイスで「お帰り~」とあくびをしながらニャーは待ってるし、
慣れてくると私がいてもドロ~ンとうたた寝を始めるニャー。

b0122703_11262461.jpg

b0122703_11273620.jpg
いろんな意味で癒される庭でした。


田んぼが見えなくても、あっちの方まで視界は開けていなくても、それなりに充分楽しめた部屋。
ただ、やっぱりおひとり様の旅には、スタンダードだっけ?一番お安いカテゴリーの1Bedroomが最適ザマス!
使い勝手もいいし、変に気を遣ってあちこちで寝る必要もないし・・・?
ニャーもうまいこといけば、オプションでついてくるかもしれないし・・・?
それはないか。^^

by bali-no-sora | 2012-08-23 11:33 | バリのお宿

テガルサリの超貴重な部屋に宿泊

バリでのコス生活の前に泊まっていたのが、ウブドのテガルサリ。
一番お安い部屋が取れなくて、たまたま空いていた「超貴重な部屋」に宿泊!
なぜ「超貴重」かというと、テガルサリなのに田んぼが見えない・・・から。^^;

場所は、レセプションの向かい。
こんなところ・・・。

b0122703_123331.jpg

バリ式の扉が閉まっていると中は見えないけど、ここにも客室があるのですぅ~。
この部屋の脇を通って、ほとんどの部屋へは行くのね。
クネクネクネと通る、細い道の部分がこの部屋の脇と裏になるわけです。

この部屋、門扉?(バリ式の扉)を閉めておけば庭は独占できるし、かなりプライベート感は充実。
しょっちゅうニャンコが昼寝をしに来ていたから、ネコ好きにはもってこいッス!

部屋の写真は後ほど・・・。

by bali-no-sora | 2012-08-19 12:15 | バリのお宿

バリのクポナカン(甥、姪)たち

b0122703_1148479.jpg

この日は帰らなくちゃいけない日だから・・・と言われ、実家に家族が勢揃い!
彼の仕事終わりで帰った私たちが一番遅くて、帰ってすぐに親族のお寺にお参りに行くと、
親族の皆さんはもちろん、ダドン(おばあちゃん)やバパッ(お父さん)とも再会。

ただいま~!日本から帰ってきたよ~。^^

その翌日がお祈りの本番。
(上の写真はそのときの姪っ子の様子)
親族のお寺が新しくなって、神様にきちんとおいでいただくためのお祈り?だったような・・・。
おかげさまでみんなに覚えてもらっているヘンテコ日本人なので、
「いつ来た?元気だったか?いつ帰る?太ったな」と、コメントは矢継ぎ早に次から次へと。

今回は本当に、会う人会う人みんなに「太ったな」って言われ続け、あまりにも言われ過ぎて凹んだ。
けど、みんな私のことよ~く見てるのね・・・ってある意味ビックリ!
あっちの人はオブラートに包まず、思ったことはストレートの言うらしいので、そこはちょっと我慢。^^;


姪っ子は一度頭を丸めたので髪の毛は短かったけど、もうすっかり女の子らしく可愛くて、
パパ(一番上のお兄ちゃん)のことが大好きな様子。
一緒に遊んでもらうと大喜びでご機嫌さんだった。


続いて甥っ子。
b0122703_1252697.jpg

写真右の甥っ子は本当にいたずら好きというか、憎めないんだけど、容赦ない悪ガキ!
ようやくというか、すっかり今回の滞在で打ち解けてくれて仲良くなった。
走り回ったり、抱っこしてグルグル回ったり、汗だくでおばちゃんは大変だよ。^^;
でも彼のことが大好きで、いつもパマン、パマン(おじさん)と後をついてくる、これまた可愛い子。
(彼がヘルメットをかぶって、マントを付けたパーマンに見えてしまうけど・・・)


彼らの成長はとても楽しみ!
これからもずっと見ていられたらな~って思うのです。

by bali-no-sora | 2012-08-12 12:22 | バリのあれこれ

バリで使っていた携帯電話

バリに着いた日に、彼から渡された携帯電話。
「これ、そらのね。使って」

b0122703_625032.jpg

なんだこの画像は・・・?

わざわざわたし用に選んだのが、この待ち受け画像かい?
かなり舐められてるね。^^;

by bali-no-sora | 2012-08-07 06:29 | バリのあれこれ

Made's Warung マデスワルン

歩き回った帰り道は、ちょうどお昼の時間だった。
正確には12時5分前くらい。
朝ご飯を食べていなかったので、お腹ペコペコ!

で、道沿いにあって、まだ席に余裕のあった「Made's Warung」に吸い込まれるように入っちゃった。

喉カラカラなのに、ドロッドロのMIXジュースをオーダーしてしまい、若干後悔・・・。^^;
b0122703_8524217.jpg


ジュースは遅かったけど、ご飯は早めに運ばれて来た。
b0122703_8541596.jpg
ガドガド‐ナシチャンプル。
そんなメニューが本当にあったかな?と今では不安になるけど、メモ書きにはそう残ってる。
まっ、味はフツー。

その辺のワルンのバリ飯に慣れちゃって、辛くないと美味しくないと思うのか、それとも・・・。
いやいや。
実際それほど美味しくないんだと思う。
その辺のワルン飯だって、辛いだけじゃなく、美味しさがわかってきたから!
安くて美味しいって、最高だよね。^^

■MIXジュース Rp17,000
■ガドガド‐ナシチャンプル Rp48,000
(2012年6月情報。税・サなし)

かなり高いご飯になっちゃった。^^;

実はこの時、日焼け防止に長袖を羽織っていたのだけど、首に日焼け止めを塗り忘れて真っ赤っ赤!
長袖は暑いから、やっぱり日焼け止めのクリームを塗る方がいいのかなぁ~?
以前、足の甲に塗り忘れてしっかりビーサン焼けしたので、今回そこはしっかり塗り塗り。
なのに・・・。

日本帰国後、知り合いに「小学生の夏休みじゃないんだから・・・」と大笑いされた。
バリの日差しをナメたらいかんね。^^;

by bali-no-sora | 2012-08-06 09:13 | バリのご飯