人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南国フルーツたっぷりの・・・

b0122703_2245694.jpg
ミックスジュース。
4000rp。

何種類かの果物と、氷と練乳でミキサーでグールグル。
最初は練乳?と思ったけど、今はもうバリのこの味に慣れちゃった。

こんなワルンでも平気!
お腹を壊すことはなくなった。
もうお腹を壊すような氷を使ってる店は少ないかな?
ただ、いろんな雑菌は混ざってるはずなので、
一度バリ腹にならないと、いろんなローカルの味は楽しめないのかも・・・。^^;

バリでチープに過ごすには、激しいバリ腹を経験するべし!

by bali-no-sora | 2011-12-30 22:12 | バリのうまっ

バリ人、髪は切りません

b0122703_2317636.jpg彼の田舎のお隣さん、幼馴染みのコマン。
彼と初めて会ったとき、彼は長髪だった。

けど、次に会った時にはスッキリ。
そして、愛娘が誕生していた。
そういうことかぁ・・・。

奥さんの妊娠がわかってから、無事に出産するまで、縁起を担いでとか、願掛けの意味で旦那さんも髪を切らないと聞いていた。
人によって、または地域差もあるかもしれないけど・・・。

彼もまた、もし私が妊娠したら縁起を担ぐつもりらしい。
うううう~っ、彼の長髪って想像できない。
もちろん、私も切っちゃダメだからね、って言われてますが。

by bali-no-sora | 2011-12-28 23:18 | バリのへぇ~

カップルで行ってはいけない場所

らしい。
サンセットで有名なタナロット。

b0122703_1104067.jpg

恋人同士で行くと、必ず別れるんだって。
って、前にも書いたかな?

b0122703_1133213.jpg

実際、行ったあとにそれを聞いて、その時に一緒だったカップル1組と、
この次に行ったカップル1組と、私たちの3組が壊れた。

なので、怖くて今の彼とは行ってない。
真実はどーなのか知らないけど、今の彼に聞いても、そうらしいネ!という。

だから、とってもキレイなサンセットが見られるんだけど、
恋人同士や夫婦では行かないほうがいいかも・・・しれません。

b0122703_1135642.jpg

by bali-no-sora | 2011-12-24 01:14 | バリのあれこれ

バリアンのマッサージ

バリで彼の家にホームステイしていた1ヶ月半。
ある日、喉が痛くなった。
水を飲むのも、もちろん唾を飲むのも痛くて辛い。
熱はないんだけど・・・。

病院はイヤだ!と言い張る私を、2日後に家族で話し合って、彼が連れて行ってくれたのが、
個人のお医者さん?みたいなところ。
そこで横になって血圧を測って、喉をあ~んして見てもらって、薬をもらってハイ終了!
こんなところがあるなら、もっと早く教えてよ~。^^;
彼のバイクの後ろに乗って、5分もしないで着いた。

その薬に含まれる抗生物質のおかげか、飲んだ数時間後には痛みはほぼ治まった。
けど、マッサージをしてスッキリしたい私!^^

以前、メメッが行ったイブ・イロのことを思い出し、彼に聞いてみた。
「マッサージしたいんだけど、あのイブには頼めるの?」
「ん?お母さんに聞いてみる」

相談の結果、翌朝出張で来てもらうことになったらしい。
朝のうちにお供え物を用意して、そこに20.000rp入れて、私はマンディをして準備OK!

ニコニコ顔で来てくれたイブに、
「なんで私の家に来ないの?」と聞かれて、
「なんででしょう?」と答えたけど、あとでわかった。
施術してもらう時、おパンツ一丁(上半身裸)になったので、
イブの家でその格好をさせるのは、日本人のお年頃?の私にはどうかと、
家族一同が判断した結果らしい・・・。

というわけで、彼の家の寝室でその格好になり、さっそくイブに施術してもらう。
b0122703_923247.jpg

私の横で、興味津津で見ている妹。

オイルでマッサージをした後に、大きめのリングのようなもので、
しごくように悪いもの、毒素のようなもの?を取り除くような施術。
これが、痛いところは毒素の溜まっているところ、もしくは悪いところで、
実際に赤みが残る。
私は右肩が子供の頃からおかしくて、関節がコキコキいうのだけど、
イブもそれがわかったようで
「ココの筋肉は悪いね」と言っていた。

さらに、ちゃんとそこら辺は赤くなっている。
b0122703_9264916.jpg

痛いところは本当に痛いけど、マッサージは好きだし、痛くないと治らない!
と思い込んでいるので、ジッと耐えた。

もちろん、スジ違いの下手くそバリアン(バリアンなのになぜ?)のマッサージも知ってるけど、
この人のは本当に上手だったからネ!

その後、オイルを落とすためマンディしなさい、と言われて終了。
着替えをしているうちにとっとと帰って行っちゃった。
キチンとお礼をできずにゴメンナサイ。
(後日今度は彼がお世話になったのだけど・・・。)


どこぞかの有名なバリアンには何十万rpと施術料を要求されたけど、まったく効果ナシ。
きっと、もうそのバリアンさんはお役目を終えていたんじゃないかな?
このブログでもその時の様子を描いた気がするけど・・・。^^;

このイブ・イロには、施術料として20.000rp収めただけ。
出張で(歩いて5分弱かけて)来てもらったのに・・・。
さすがに、神にこの仕事を与えられているから腕は確かだし!
もちろん、この後どんどん私は元気になっていったのでした。
ありがとう、イブ・イロ。

by bali-no-sora | 2011-12-20 09:45 | バリのへぇ~

突然湧いてくるパワー

インドネシアのどこの島だったか忘れたけど、
「インドネシア人じゃないマンクーがいる」と、留学時に先生が教えてくれた。
彼は、神様から突如マンクーとしての資格を与えられたのだという。
スイスだっけ?スウェーデンだっけ?
とにかく、白人さんだったと記憶している。

でも、マントラはどうするの?と思うでしょ。
マンクーとしての作法?とかマントラとかも、神様が導いてくれる。
トランスのような状態になり、自分ではその時の記憶はないのだとか・・・。

バリアンと呼ばれる人も、神に選ばれし者しかなれないらしい。
しかも、何人分を癒しなさい、という契約のようなものがあり、
その人たちをすべて癒し終えたら、そのパワーは消えるのだとか。
選ばれたバリアンもその人数はわかっていないけど、そのパワーが消えたとき、
自分のバリアンとしてのお役目は終わったのだと気付くという。
その後は静かに瞑想をして過ごすのだという。


私が彼の実家にホームステイしていた時。
メメッ(おかあさん)が、バイク事故の後遺症を癒しにバリアンのところへ行くというのでついて行った。
b0122703_11153782.jpg
歩いて2~3分のところにいたバリアンのイブ・イロは、ジャワからお嫁に来たという。
(← 写真の彼女が、イブ・イロ)
でも、当初彼女は病気がちで体が弱かったのだとか・・・。

しかしその後、バリアンとしてのマッサージのパワーが宿ったらしい。
神様に健康な体を下さいと祈り続けたのかな?

本当にバリにはバリアンがあちこちにいる。
珍しくはない存在なのだ。

イブ・イロが使うオイルは、自然と湧いてくるものだという。
きっと、そのオイルが湧かなくなった時、彼女のバリアンとしてのお役目は終了となるのだと思う。
もちろん、マッサージのやり方は神様が教え、導いてくれるから上手!


これらは全て、バリ人の私の留学時の先生や彼や彼の家族に聞いた話。
でも、このバリ人が語る神様についての話はとっても興味深く、楽しい。
私は留学時、1日90分しかないマンツーマンの授業中、ずっと神様について先生に質問。
先生も飽きもせずよく教えてくれたと思うけど、おかげでインドネシア語の上達は・・・。^^

後日、イブ・イロに私もお世話になったマッサージの感想、書きますね!

by bali-no-sora | 2011-12-16 11:30 | バリでお勉強

バリで流行りの自転車

今年5月下旬から2ヶ月留学に行ったとき、あちこちで見かけた自転車族。
バリのロコたちが、涼しくなる夕方~夜にかけてワサワサと自転車を漕いでいた。
バイクじゃなくて自転車に乗るのは健康的でいいんじゃない?

そんな中、やっぱりバリっぽいと思うのは、ヘンテコリンに改造してあること。
自転車屋さんにはお客さんがいっぱいで、しかもフツーに高い!
でもそれを買って、自分なりにオリジナリティーを出して改造するのが若者の「粋」なのか?
いかにも乗りにくそうなハンドルをつけたり、オブジェでしょ?みたいなタイヤになってたり、
道端に置いてあったあいつらは本当に動くのかな?
写真がなくて残念!^^;


そんなこんなで、夏の終わりに出かけた彼の実家でのホームステイで・・・。
b0122703_20343244.jpg
妹に、「自転車乗れるの?」と聞かれ、チョバ、チョバ!
10歳の妹の自転車を借りて挑戦でーす。

おじいちゃんやおばあちゃん、お母さんは、
何だ、何だ?!と目を丸くして見てたけど、
子供の頃からお転婆な私は何でもやりまーす!^^

ただ、ここ数十年乗っていない上に、子供用・・・。
しかも走れるスペースが狭い。
フラフラしたけど、負けず嫌いなので乗りこなせるまで乗った。
見事、妹には尊敬されましたとさっ。

案外この子供のような振る舞いが、バリ人にはウケる!^^
体力には自信あるし、よく追いかけっこもマジ走りでやるし・・・。


ところが数日後。
妹が自転車でコケそうになって、自転車だけ放り出したらサドルが曲がった。
せっかくだから、とパパと彼が一緒にサドルやハンドルを高くして、成長した妹仕様に手直し。

b0122703_20534089.jpg

妹は(ボロボロの自転車だけど、それでも)自分の自転車が新しく生まれ変わるうれしさで、
ワクワク&ニコニコ。
一生懸命に自転車を抑えてお手伝い。

   日本ではこんな自転車に乗ってる子、今いるのかなぁ?
   私が子供の頃は、兄のお下がりに姉が乗り、それを私も使ったけど・・・。
   もちろん、兄が乗る前には近所のお兄ちゃんが乗ってた。

のつもりが、あちこちいじくり過ぎてハンドルは外れるわ、サドルは曲がったままだわ、
どーすんのコレ?みたいになり、終いには力入れて調節し過ぎて、反動で自転車倒れる・・・。

チキチキマシーン猛レースを思い出して、大笑いをしてしまった私。
最後には部品すべてが取れちゃって、マンガのように壊れちゃうんじゃないかと。^^;
でも、妹は苦笑い。
パパと彼は必死!

その後、どうにか無事に新バージョンに生まれ変わったけど、
ちょっと笑えたバリの微笑ましいヒトコマでした。

モノを大事にするのって、大切なことだと思う。
黒くて男の子用のお下がり自転車を使ってたあの頃は、ピンクの自転車が欲しかったけど!!

by bali-no-sora | 2011-12-09 21:16 | バリのあれこれ

バリ島、だどんの好物

バリのおばあちゃんの好物は、みなさんご存知のスイカご飯。

そうそう、こういうことネ!
                 ↓  ↓  ↓
b0122703_0104825.jpg
これ、マジ画像!
スイカをおかずに白いご飯食べる人を、初めて見たっ。
それも身内にこんな人がいるなんて・・・。^^;


白いご飯が見えないかしら?


b0122703_014383.jpg

これでわかるかな?

めちゃくちゃ満足そうに食べてたよ。。。


このばーちゃん、さらにドリアンも大好きで、自分の分を確保するとネコのようにササッと消え、
落ち着く自分の居場所を確保してそこでゆっくり食べる。
子供かっ!!
ばーちゃんの分まで横取りしないから安心してほしいけど、それほど好きらしい。

もちろん、ドリアンをおかずにしてた日も・・・。^^; 
何でもありなのね、バリ。

by bali-no-sora | 2011-12-04 00:24 | バリのご飯