人気ブログランキング |

<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Qtela(キャッサバチップス)


レンボンガンのリポートはちょっと小休止。

今日は今回のバリ旅で初めて食べて、気に入ったスナック菓子をご紹介します!

b0122703_23501097.jpg

これこれ。こんなものを3袋も買っちゃったから、スーツケースはもうパンパン。^^;
おかげでいろんなものを置いてきました・・・。

そこまでして食べたかった(?)逸品ですから、みなさんもぜひお試しください。

ちなみに、私が一番気に入ったのはこの「balado」という味。
そのほかに、バーベキューとプレーンもあるけど、これは少しだけ辛くてグー!
ビンタンのお供に、チョバってみてください。

ポテトチップスよりもちょっとだけ厚切りなのか、歯ごたえがバリッって感じで、
やめられない止まらない!こと請け合い。^^

大きな袋で8000rp。小袋は3000rpくらいだったと思います!

by bali-no-sora | 2008-08-30 00:00 | バリのうまっ

ワカ・ヌサ・レンボンガンを散策 


≪お知らせ≫
夏休みも終わり?と思うような涼しい日が続くので、スキン変更しました。
映画 『My Blueberry Nights』 にちなんでブルーベリーケーキで・・・

ちなみに私はブルーベリーケーキはきらいです。
ただ、映画のほうは好きです❤




さてさて、読書にも飽きたので敷地内散策へ。
部屋の周囲には、同じとんがり帽子の家が5つくらいあったかな?
b0122703_2337469.jpg

でも、サザエさんのエンディングみたいに4人家族が入って行ったところを目撃し、
あの家の構造はうちと違うのかな?とも思ったけど、深く詮索せず・・・。
大きさは同じなんだけど、高校生くらいの娘っ子が2人いる家族だったのよネ。

まっ、いっか。

ここはヒッソリしてて、乾季のせいか緑も元気のない様子・・・。

とんがり帽子の集落から、レストランやプールのある敷地へ行くと少し賑やか。

b0122703_23401230.jpg

プールの周りにはニョキニョキ椰子の木が生えてて、よ~く見るとプールの向こうは海!
見えるかな?青くなってる部分が海っす。^^


b0122703_2342239.jpg

目の前が海だから、プールで泳いでる人はさすがにいなかった。。。



b0122703_23424631.jpg

プールのすぐ近くにはこんな入り口があって、ここからは黄色い丸の中に書いてある通り
b0122703_2344404.jpg

                        中に入れず・・・。

一緒にボートに乗ってきたおじちゃんとおばちゃんはココに消えていったのよね。
リッチで豪華なお部屋なのかな??





b0122703_23471938.jpg

とにかくホテルの敷地の前はすぐビーチだし、海だし。ロケーションは最高です。
このアーチをくぐって入って来ました。



ここから海を見てみると、
b0122703_2349649.jpg

正面にかすかに見えるお山の姿、これはもしやアグン山??
方角的にはアグン山なんですけどね。これを見てずっと癒されてました・・・。


右も左も、海&海!
b0122703_23502281.jpg

b0122703_23505849.jpg



                    そして昼下がりのBEER。
b0122703_2354186.jpg





結局クルーズランチはどうしたかというと、スタッフもなんのこっちゃよくわからなかったみたい。片言のインドネシア語で喋る日本人と英語でまくしたてるスタッフ。
クルーズ用のボートからは10:30くらいには降ろされてたから、ランチ食べてる暇ないし!
PARTENZAさん から送られてきたバウチャーに書いてある文字が英語で、それをもう支払ったんだ!と説明したら、どうにか理解したようで・・・。

じゃあランチに食べるか、ディナーにするかどっちか選べと言われ、じゃあ夜で!!
と言って、夜のご飯を確保。^^

それまでは、また部屋に戻ってマンディでもしてひと休み~。

と思ったら、
b0122703_03588.jpg

           コレ何?ウェルカムフルーツ?ただのサービス?
よくわかんないけどくれたから、いっただきました。若干かわいてたけど、気にしない!^^


☆次回はレンボンガンから見た、初めてのサンセットを・・・。 

by bali-no-sora | 2008-08-29 00:20 | レンボンガンひとりっぷ

ワカ・ヌサ・レンボンガン LANAIのお部屋へ


着いてすぐにウェルカムドリンクをいただきマッスル。

b0122703_2333512.jpg

気持ち悪さはスッカリすっ飛んでたのだけど、なぜかイマイチ美味しくなかった。
このミックスジュース・・・


まだ11時前だけど、お部屋へ!
なんだかどんどん奥の方へ。行き止まりのような奥の方・・・。
そんなに敷地が広いわけではないけど、なんだかサミシク感じるところね~。

b0122703_23382997.jpg

              おもちゃみたいな家登場!なんだこれ??
       麦藁帽子のような屋根に、まあるい外壁。本当におもちゃのよう。
ボートから降りたときに濡れ、砂が付いた足を甕に入った水で流してから部屋へ。


上の写真の黄色の丸の部分、拡大写真がこちら。

b0122703_23433261.jpg

貝殻が1個落っこちてなくなってるけど、NO.10の部屋「チュンパカ」ルームです。
この辺はなかなか考えてるね!



b0122703_2345146.jpg

部屋入り口の右側にあったテーブルとイス。まったく使いませんでした・・・。



そして、外観写真をよ~くみてもわかるとおり、真ん中にドッカ~ンと鎮座するベッド。

b0122703_23471274.jpg

部屋が狭いから仕方ないんでしょうけど、いきなりのベッドって・・・どう?



b0122703_23475817.jpg

入り口から向かって左手にはソファー。



b0122703_23484937.jpg

右側にはエアコン。この位置からさらに天井方向に視線をあげると、



b0122703_23495576.jpg

           とんがり帽子の内側です。う~ん見事な竹細工!!



エアコンの下の麻布のようなもので覆われている棚の右側が、
b0122703_23515984.jpg


左側には
b0122703_23524238.jpg

b0122703_23525813.jpg

この冷蔵庫かなり古そうだけど、ちゃんといい仕事してました。さすがSANYO。


そしてベッドの真裏にあるのがシャワースペース。ぐるっとまわり込む感じで・・・

b0122703_23554918.jpg

湯量は問題ナシ!しっかりお湯が出ました。ただ、日中でも暗いのが難点かな?
この写真を見ても、まあるいお部屋だってことがわかりますよね。


このまあるいのがおかしな感じだったのか、実はまったく落ち着かない部屋でした。
気分的にリラックスできないというか、くつろげないというか・・・。
構造の問題なのか、土地などが出している「気」の影響か、レイアウトのせいなのか、
理由はわからなかったけど。^^;


ひとまずこんな景色をベッドの上から眺めながら、寝転んで読書タイムでっす。

b0122703_031827.jpg

今回のこの1泊2日旅は何にもすることないので~。
落ち着かない気分のまま、『フライング・ハイ』を読んでました。



ワカ・ヌサレポート、次回は敷地内散策でっす!

by bali-no-sora | 2008-08-27 23:58 | レンボンガンひとりっぷ

バリからレンボンガンへ


バリ周遊3泊4日旅から戻った翌日、今度はレンボンガンへの旅に出発。

7月15日から夏季料金(ハイシーズン料金)になるホテルが多かったのと、
ちょうど七夕の夜だったから、記念になるかな~と思って、
ちょっと慌ただしかったけど立て続けに予定を入れました。^^;


知らないところにひとりで行くときに必ずホテルの予約でお世話になるのが、
Partenzaさん。(ロンボクひとりっぷもこちらで予約しました)
今回はこちらのページにあるワカ・ヌサを選びました。
バリのホテルからの送迎が付けられるというので、足の確保が楽チンと思って!
・・・しにても高いなぁ~。



前日、久々のレンタカー屋で1時まで飲んでしまい、
さらにそのあと美味しい美味しいチェケルを食べに行ったので、寝たのは2時過ぎ。

b0122703_13163524.jpg


それでも、朝のピックアップ時間(7:45)には準備を整え、
ちゃんと5分前にはレセプションで待機。

しっかし来ない!

8:30近くなってやっとミニバスが来たと思ったら、白人さんがいっぱい。^^;

私がラストの客のようで(助手席でラッキー)、そこからベノア港へはノンストップ。
15分強で着いてしまい、だったら最初から8:30ピックアップでええじゃないか!
と思いながらバスを降りる。
なんせ眠かったから・・・


                     初めてのベノア港。
b0122703_13232234.jpg

ここで乗船予定者リストへのチェックをしてもらい、船のバウチャーをもらう。


そしたらもう乗船でございます。
その前に。。。必ずここで写真を撮らされておりました。
b0122703_13251531.jpg

観光地によくある、写真が飾ってあって500円とか1000円とかで記念に買うっていう、
アレです。

もっちろん、私も一人でアホみたいに撮りましたヨ。
b0122703_13315531.jpg

半ば無理やり撮らされたので、逆に思いっきりのスマイル!
(もちろん買ったものですよ、コレ。ひとり旅の記念にね!30000rpだったかな?)



さっそく乗り込むと、コーヒー・紅茶・ジュース類にお菓子、果物などフリーでした。
でも、システムがわかりきってなくて、とりあえず席を探すことに・・・。


b0122703_13433754.jpg

こんな優雅な席だったので、独り身にはつらいですぅー。
あちこちキョロキョロ見回し空いている席を探し、白人さんのパパと息子がいたところにお邪魔しました。

ほどなくして、ほぼ予定通りの9:00出港。
しばらくはどっちに進んでるのかわからないくらいのんびりとしてたけど、
そこからバリの景色が遠くなってからの1時間は、地獄のような気持ち悪さとの闘い!

波が高かったわけじゃないんだろうけど、高速ボートだからバンバン上下に揺れて、
内臓まで上下に動く感じがして、うげげげげ~。^^;

「早くおろしてくれ~」ってな気分でのクルーズでした。
なんかBGMはガンガン流れてて楽しそうな気分満載だったんだけどね。。。
たぶん顔は真っ青だったはず。
吐こうにも吐けず、ただただ「気持ち悪ぅ~。まだかいな」と思うばかり。

昨日飲み過ぎたり、睡眠不足だったりしたせい??などと考えていると、
キレイな景色が見えてきてスピードもダウン。


b0122703_13524652.jpg

注意:ボート走行中はデッキには出られません。(これは停泊中の画像です)


b0122703_1353727.jpg

やっと着いたの?でもここに泊まっちゃって、どうするのさ?
とボケボケしてたら「ホテルに行くやつぁ~いね~がぁ~」みたいな声が聞こえ、
「あっ。おいらっす!」と乗り込んだ船の後方へ行くと、そこから小型のボートに乗り換えるよう言われた。

おう、そういうことね。
「ワカ・ヌサはこのボートだよ」と言われ、白人のおじちゃんおばちゃん夫婦と一緒に乗り込む。
b0122703_1358032.jpg

他の人たちはこのままこの辺りでマリンスポーツを楽しんで、夕方帰るわけね。

でも待てよ。クルーズランチっていつ食べられるんだ?
と思っていると、あっという間に着いちゃった。5分もかからず・・・。
b0122703_1401318.jpg

ボートから降りるときには波が引いた時をねらってネ!

着いた、着いた!と思ったら、スッカリ気持ち悪いのなんてなくなってた。^^
b0122703_14105321.jpg

b0122703_1411964.jpg

        ワカ・ヌサ・リゾート。さて、どんなお宿なんでしょうね??

by bali-no-sora | 2008-08-26 14:30 | レンボンガンひとりっぷ

ミックスジュースは3000rp!


行きつけの、お気に入りの、ローカルの屋台風ジューススタンド。

b0122703_22111832.jpg




            毎度冒険はせずに、いつもミックスジュース。

b0122703_22123656.jpg

               どれでも3000rpだよ。安いでしょ?

ミックスはね・・・。
数種の果物をミキサーに入れ、練乳と氷を入れてチャンプル&チャンプル!
ちゅべたくてオイシイのだ。しかも栄養たっぷり。果汁いっぱい。

アボカドもいけるし(チョコシロップ入り)、友達がチョバったバナナ×マンゴーもGOO。
とっても濃厚なお味でございます。



でも滞在中にマンゴーが値上がりしたらしく、
マンゴーを使ったジュースは4000rpになってた。でも50円しない。安い!

レストランで頼むと、10000rp前後だったりする。
高級なところに行けば行くほど高くなるけど、私はここのが大好きだぁ~~~❤

by bali-no-sora | 2008-08-24 22:26 | バリのうまっ

バリアガの村、トゥガナンの特産品


うすら寒いシデメンを脱出すると、すぐにヴァルター・シュピースが暮らしたという家が。

でも、軽~く素通り。^^



そのままクタに帰るのはつまらないので、早めの昼食をゴア・ラワで食べました。

b0122703_22343574.jpg

これは魚のすり身を竹にくっつけた?もの。サテ・リリッ(ちょびっとだけ辛め)

朝食が軽かったから、みんな腹ペコ・・・。



その後休憩をして(正午過ぎには行動を始めないほうがいいんだとか?)、
まだ行ったことのないトゥガナン村へ。

ここはよくガイドブックに載ってる観光コースだけど、今回が初体験!
バリの東部って時間かかるし、なかなか来ることないんだよね~。^^;

ちなみにこの村は、
バリ・アガと呼ばれる、独特の文化・宗教を守り続けている先住民が住む村。

すご~く閉鎖的なのかと思ったら(村自体は塀で囲まれているらしいけど)、
寄付をして村の中に入ると、のんびりしたフツーの田舎の村の光景が。。。

これといって写真に撮るような風景もなく・・・(失礼?)。

b0122703_22422083.jpg

牛の糞が落ちているから、踏まないように気をつけよう!


村の特産品といわれるダブルイカット(グリンシン)を見せてもらい、作り方などを聞いたけど友達の通訳ではイマイチ理解できず・・・。

b0122703_22465388.jpg

ただ、糸を染めるところから気が遠くなるような時間をかけて作られるらしい。
だって、あらかじめ模様の通りに糸を染めていくっていうんだもん。
考えられなくない?
さらに縦糸、横糸両方は別々の染め方をしないとちゃんとした模様にならないでしょ?
気が遠くなるどころか、わけがわからない。

だから、この村でもこれが織れる人は数えるほどしかいなくなっちゃったんだって!
後継者不足ですな・・・。

そんなわけで、とっても手間も時間もかかるこのグリンシンは、無病息災の意味をもつ聖なる布なのだそうです。

b0122703_22553044.jpg

この真ん中の長いやつは、13万円とか。
お財布にはなんと5万ルピアしかない私には、とてもじゃないけど買える金額ではなく、
もっちろん交渉なんかしませんでした。アハハ~。。。^^;

そしてまたそのお店を出てブ~ラブラしていると、おじさんが話しかけてきて、
また少し行くとおばさんが話しかけてきて・・・。

ドライバーのでっかいほうの家がここから近くて、しかもパパのお友達がいるということで、よく遊びに来ていたんだって。
声をかけてくれたのは彼のパパの友達と、その奥さんでした!

知り合いがいるなら、そう言ってくれればいいのに。。。

と思いながら、メメッ(そのおばさん)の店にお邪魔して、ドライバー君は世間話。

ついでにシングルのイカットがあったので見せてもらい、軽~い気持でお値段を聞いたら「いくらでもいいよ」というメメッ。
お互いに困ってしまったけど、なぜか欲しくなってしまい、数回聞いたところ、
息子同然の彼の友達ということで、「じゃ10万ルピアでいいよ❤」と・・・。

5万ルピアしか持っていない私は、バリ人の彼らからお金を借りてまで手に入れたのでした。ダブルイカットは買えなかったけど、やさしいメメッから譲ってもらった布には、鳳凰が描かれています。

b0122703_23264769.jpg

顔出し失礼。マフラーのように巻いているのが10万ルピアのシングルイカットです。
              うふっ❤ 10万円じゃなくてよ・・・。^^


その後帰りにもまた話しかける青年が・・・。彼もまたドライバー君の友達なんだとか!

彼が作るのは、竹に描くバリの地図やらカレンダーやらラーマー・ヤナのお話やら。
竹を掘って、そこに炭を塗り込み、布でこすって黒く色づけた民芸品?

b0122703_2334742.jpg
b0122703_23341827.jpg

とにかく細かい手作業で、グリンシンにしてもそうだけど、古き良き伝統を守っている村なんだな~と思いました。

でも、これ見てるだけで肩凝るよね?バリの人って本当に手先が器用で驚きます。


さて、これでバリ周遊3泊4日自分へのご褒美の旅は終わり。
これからは、懐かしの水シャワーの宿に腰を据えて、バリのフツーの生活がスタート!

あっ、そうそう。あと1泊だけレンボンガンへのひとり旅が残ってたっけ!
                                   それはまたいつか・・・。

by bali-no-sora | 2008-08-23 23:50 | バリでお買い物

PATAL KIKIAN (パタルキキアン)の朝と朝食

b0122703_18313340.jpg

7時半過ぎに、いや~な予感とともにベッドから出てみると、外はこんな景色。

まだ暗い中、雨音がしてたのは夢じゃなかったんだ・・・。^^;

昨日よりもどんよりしてる気がするゾ!


それにしても、雨降り過ぎですから~。

b0122703_1841774.jpg

b0122703_18412374.jpg

b0122703_18414480.jpg




こんな変わらぬ景色を眺めつつ、傘をさしながらスタッフが下から運んでくれた朝食をいただきます。
b0122703_184385.jpg


b0122703_18433523.jpg

晴れていればバックにキレイなアグン山が・・・。もういいって?


朝食のコピ、あったかくて体に沁みました。あとは初めてのLAKLAK(ラックラッ)。

b0122703_18463584.jpg

クレポンに似てるけど、下の緑色のがスポンジケーキみたいになってるところが違うくらいかな。あとはココナッツが乗ってるし、グラメラもかかってるから、ほぼ同じ。
味も似てた!^^

昨日の夕飯と言い、ここの食べ物はあんまりハズレがないみたいヨ。。。


その後、昨日のマンディ作戦で順番にお湯を浴びて、雨が止むのを待つ。

こんな感じで・・・
b0122703_18511769.jpg

                 本当に寒かったんだってば~!


長袖は着てたけど、日よけ程度の薄いものだったから防寒にはならず、靴下もなく、
バリ人ともども震えてました。^^;

でも、あまりの寒さとちょうど雨が止んだので、11時にはチェックアウト。

寒い場所からの逃亡で~す。こんなにバリが寒いなんて、ビックリだ!!


そして、アグン山の姿が間近に見られるのがウリという宿で、全く見えないという結果。
「また来てね!」ってことなのかな?

ロケーションと食事以外の宿の設備はイマイチでした。
(私の宿泊したALIT ROOMに限ってかもしれないけど)
トイレの水が流れなくなり、下のレストランまで借りにいってましたから・・・。

でも3人旅だったので、バカ笑いでブーイングもすっ飛んじゃってました。^^

b0122703_1932159.jpg

by bali-no-sora | 2008-08-22 19:05 | バリのお宿

PATAL KIKIAN (パタルキキアン)


シデメンにあるPATAL KIKIANの「ALIT ROOM」。
私が宿泊したときには(2008年7月)、1泊朝食付きでUS$48でした。
(部屋数が少ないので、要予約!です。)


この部屋はテラスが前にせり出していて、アグン山の雄大な姿を見るのにはもってこい!のロケーション。

だったのだけど、残念ながらその雄姿は見られず、ガッカリのスタートでした。。。^^;





でも、オモシロイ間取りだったので、まずは部屋の写真を見てください。


昨日の日記に書いたテラスから、バリ式の小さな扉を入るとBEDROOMがあります。

b0122703_22551856.jpg
b0122703_22553584.jpg
b0122703_2255488.jpg

この写真の中央付近にあるのがテラスへの扉。


そして、さらにその奥に小さな部屋があり、ここにもBEDがありました。

b0122703_22573385.jpg

b0122703_2332241.jpg

この部屋は窓が少ないので、少々暗め。


そしてこの奥にあるのがカマルマンディ。シャワーと、壁の向こうにトイレ。

b0122703_235661.jpg

シャワーは瞬間湯沸かし器が付いているのだけれど、なぜか途中で火が消えてしまい、水になったり、またボオーッと点火して熱めのお湯が出たりとビミョー。^^;

ドライバーたちが頭を使い、大きなバケツのような入れ物にシャワーからお湯を入れ、
さらに水道から水を入れて温度調節をしながら溜めたらどう?というので、
その作戦で溜まったお湯を手桶でかぶるという、マンディ方式で入りました。

しかもここ、窓の部分に網戸のようなものがなく、虫が入りたい放題!!

夜には蜂が入って来て、床にいたのを踏んでしまい、思いっきり刺されました。
よく見なかったのが悪いんですけど、気をつけてくださいね~。


寒くてとても入る気にはなれませんでしたが、小さなプールもありました。

b0122703_23125659.jpg

おバカなドライバーくんはパンツ一丁で入ってましたが、
その後くしゃみ連発だったのは言うまでもありません。。。



することがないまま順番にマンディをして、こんな景色を眺めつつ夕飯をオーダー。

b0122703_232135.jpg

作るのに時間がかかるのか、早めにレストランに連絡するよう言われました。

3人でのバリ周遊の旅の締めくくりなので、スタッフにアラッも買ってきてもらい、
最後の晩餐でッス!
・・・結局、連日飲みっ放しですけど、何か??



夕飯はテキトーにいろんなものを頼んで、ビールのつまみとして日本スタイルで食べました。

b0122703_23264813.jpg

ナシゴレン・・・25000rp (写真右にあるはずなんだけど)
ミーゴレン・・・25000rp
チャプチャイ・・・25000rp
ガドガド・・・20000rp
サテアヤム・・・35000rp
ビンタン大・・・28000rp

お値段はホテルだからお高め(ビンボー過ぎる?)ですが、お味は良かったですヨ。^^
これなら合格❤


日本語の勉強をしながら、ジャンケンで負けたらアラッをストレートのまま飲む、という
飲みたいのか、飲みたくないのかわからない飲み方で大騒ぎしつつ、夜は更けてゆきました。

だってね、寒いんだもん!!
ロシアの人がウォッカを飲むような感覚で、アラッを飲んで暖まろう作戦なの。

乾季のバリは寒いから、要注意ですよ。
長袖はもちろん必需だし、靴下とかあるともっといいかも~。

by bali-no-sora | 2008-08-21 23:40 | バリのお宿

シガラジャ経由、PATAL KIKIAN(パタル キキアン)行き


前日一緒に飲んだブディと運転手がホテルに戻るのを待って、チェックアウト。

お昼に「バビグリンを食べよう」という3人に付き合って、近くのワルンへ。
朝から元気に、固いナシでもモリモリ食べてしまった私は見てるだけ~。

3時間前に食べたばっかりですもん!

その後ブディと別れ、アグン山南側にあるシデメンのホテルへ。



途中お馴染みのシガラジャを通り、左にキレイな海を見ながら東に向かって走る。

・・・と、車を停めて休憩か?と思ったら、ムンジャンガンのホテル(ミンピ・リゾート)近くと同じくお祈りタ~イム!!

またしても見よう見まねで、聖水をバシャバシャかけられつつのお祈り。

b0122703_11353182.jpg

屋根の下の日陰になってるところに座って、プマンク(僧侶)から聖水をいただきます。

シックスセンスにお米をつけて、さぁ~出発!


時々右手に見えるアグン山が気になって車を停めてもらったら、外はものすごく暑かった。
砂漠地帯には行ったことがないけど、サボテンが生えてるし、川には水が一滴もなく、
カラッカラの乾燥地域独特の暑さがあった。

b0122703_11421314.jpg

乾季とは言え、こんなにカラカラの土地をバリで見たのは初めて!
そして、北側からアグン山を見たのも初めて!



少し行ってから、アグン山がよく見えるというポイントで休憩。



暑さは感じないほどの強風に飛ばされそうになりながらの撮影。
b0122703_11451416.jpg

                やっぱりアグン山、カッコイイ!!



ここもやはり緑が少なく、聞くところによると年間を通して雨量が少ない場所だそう。。。

アグン山方向が南だとすると、北には海がちょっとだけ見えました。
b0122703_11465643.jpg


これから向かう、アグン山の南側にあるホテルからの景色が楽しみ!!








そして・・・5時過ぎにホテル到着!

b0122703_11524892.jpg


このホテル、なぜかとっても涼しく、ウェッティーな感じがするけど・・・。






テラスから雄大なアグン山が見える!ってことで予約したんだけど、結果的にはこんな景色が広がってました。^^;  (部屋の入り口から見たテラス方向)


b0122703_11541892.jpg

                    何も見えないぃ~~。


断崖のようなところに建っていて、アグン山を見るためには1番いい部屋だったのに。
これじゃダメですね~。。。



下のレストラン(右下)がこんなふうに見える。ちょっとコワい??

b0122703_11572051.jpg





そこから運ばれてきたウェルカムドリンクを、とっても残念な気持ちでいただきました。

b0122703_1158225.jpg

本当は、このグラスの向こう側にアグン山がデカデカと見えたはずなのに。。。


さっきまでの北側のバカみたいな晴天は何だったの?って思うくらい、
ここアグン山の南、シデメンは雨の多い土地らしいです。

標高も高いので、仕方ないのかな~。 

by bali-no-sora | 2008-08-20 12:30 | バリのお宿

Aneka Lovina (アネカ ロヴィナ)の庭と朝食


サンライズを見た帰りに、ビーチ側から部屋までの庭の様子を写真レポ!

まずはプール。

b0122703_19125668.jpg

b0122703_19132516.jpg

b0122703_19134616.jpg

部屋数のわりに小さく、パラソルやビーチチェアも少ないのが難点・・・。^^;

昨日の夕方、泳ぎたい!とやる気満々で着替えたドライバー君たちだけど、
この様子を見てゲンナリ。。。
見事に白人さんたちに占領されてました・・・。
 


                    そして細長く続く敷地。

b0122703_19194512.jpg




                  たまにはカーブしてたりして・・・

b0122703_1920312.jpg





ようやく宿泊しているデラックスヴィラに到着!デラックスってのは名前だけですが。

b0122703_19225335.jpg

b0122703_19253189.jpg




このあと朝のマンディしたんだけど、もう大変!!

どんなに蛇口をひねってもお湯も水も一筋くらいしか出なくなっちゃって、
泡だらけにしちゃった頭や体をどうしようかと思うほど・・・。

それからどんどん湯量は少なくなり、イライラしながらのシャワータイム。
お腹もすいてるしね~。


そういえば、さんざん飲んだはずなのに全く二日酔いもなく、元気に朝食を!

b0122703_1932260.jpg

部屋からビーチ方向へ歩いて、プールの手前にあるレストランにて・・・

フルーツまで同じプレートの乗せるズボラさはともかく、
喉が渇いていたのでスイカジュースに続き、写真はオレンジジュース。
美味しかったのはジュースくらいかな?

チャーハンのようなナシは、バリ人がまずい!食べちゃダメ!というほどの固さ。^^;
ビーフンゴレンの方が少しはマシだったけど、それにしてもどれをとってもイマイチ!

のんびり美味しい朝食を・・・とはいかず、シャワーに続きイライラ。


このホテルは、絶対におススメできませんっ!!

by bali-no-sora | 2008-08-19 19:42 | バリのお宿