人気ブログランキング |

17歳に恋した女性

女心と秋の空・・・とはよく言ったもんで、恋する乙女チンになった女子の感情の動きは、本当に複雑!

「友達が~」とその彼(バリ在住、日本人ではない17歳の男の子)の話をする恋に落ちたらしい、その女性。
今はレンボンガン島に、彼と2泊3日でとりっぷチュウ!なのだけど、その前の数日間の心の葛藤は、
聞いていてとても興味深かった。

その「友達」との最近は、彼のペースで出掛けることが多くなって、彼女の思う通りにしてくれなくなってきた、のだそう。
「これってもうダメなんですかね~?」
「えっ?ダメって?」
「なんていうか、釣った魚にエサはやらない、みたいな・・・」
「???」
「彼のペースで行動しなくちゃいけなくなってきてて、それってちょっと嫌なんですよね~」
「???」

こんな話をしばらく聞かされていたけど、彼女がいったい何がしたいのか、どーしたいのかがわからない私。
「今日はココに行こう!って言ってみたら?」
「そうですよね~。でも言えないんですよね~」
「???」

そうして昨日の朝。
「本当なら今日からレンボンガンに行く予定なんですぅ~。でも、まだ行けるかわからなくって・・・」
「今日の予定なのに?」
「先週約束してたんですけど、彼の都合で行けなくなっちゃって今週になったんですよね~」
「・・・」
「料金とかいろいろ調べてるんですかね~?」
「今日行くのに?」
「やっぱりこうやってどんどん予定が先延ばしになっていくのって、ダメなんですかね~?」

もはやどう返答をしていいのかわからず、う~ん。
と、そこへ少し大きめのバッグを肩から下げた「友達」登場!
「あ~っ、来たぁ~!!」
目がハートになるってこのことか、と思った瞬間だった。
10時に来たその「友達」は、来るなり「船の時間は10時半だよ」と笑顔で英語で言った。
無理だろ?ここはデンパサールだぞ!と思ったけど、「良かったね。気を付けて行って来てね」としか言えなかった。

ある意味、自分で彼のペースにしてしまっているようにも思うけど、それが心地良いのか?
それが恋、なのか?
17歳に恋したアラサー女子の恋の話。
ずっと見ていたいけど、もうすぐ彼女もお引っ越し予定でなかなか話も聞けなくなるのが残念!

by bali-no-sora | 2013-07-06 10:16 | バリでの恋の話