毎日食べたピリ辛ナシチャンプル

1ヶ月コス生活では、1日1回、ご飯らしいご飯を食べていた。
・・・というのも、バリにいるとなぜかいつも「過眠症かな?」と思うほど眠くて眠くて!
欠かさず昼寝をしても、夜もしっかり眠れる。
なぜ?

そんなダラリン生活でお腹もすかないし、部屋から一歩も出掛けない日もあったり・・・。^^;
日々こんな感じだし、1人なのでそれほどどこかへ食べに行こうとも思わなかったし。

それから、実家に帰っているときに具合が悪くなったこともあって、それからは彼からも、
「朝はロティ(パン)、お昼はナシ(ご飯)を食べて、夜はブアー(果物)にしな」って言われる始末。

お腹がすいたら食べる!を、実践してました。
しかも、決まってコスの隣りにあるワルンでブンクスして・・・。

b0122703_12422151.jpg

左の建物が1ヶ月コス生活の舞台となったコスで、2階の小さな窓がある部屋が私の部屋。
で、右側の掘っ建て小屋?^^;のような、でもショーケースが出ているところが行きつけのワルン。
これだけ近いと、ノーメイクでも日焼け止めを塗らなくても大丈夫!
毎日通ったのは、面倒臭がりのせいかも・・・?


b0122703_12395321.jpg
b0122703_12483859.jpg
b0122703_1249497.jpg
b0122703_12485839.jpg

写真はまだまだあるけど、ほぼいつも同じおかずをチョイス。
だから、毎日だいたい同じ写真。

初めてブンクスした時に、あまりにもご飯の量が多くて残すのも気が引けたので、
その次からはご飯をよそってもらっているときに「チュクップ(cukup)」と言って、量を調整。
そうすると、同じだけのおかずを選んでも、入れてくれる店番の人によって値段はマチマチ。
でも、ご飯フツー盛りの初回がRp10,000だっただけで、後はRp7~8,000。

サンバルは入れてもらわないのに、辛い。
何が辛いのかと思ったら、mie(焼きそば)だった!ホントに激辛っ!
だけど美味しい。^^;
食べ始めて数分で汗が止まらなくなり、食べ終わってもまだジワジワ。
ブンクスで良かったと、日々思いながら水シャワーでマンディするのでした。

自分で作らなくても食べられるって、幸せ♥
しかも安くてさらに、幸せ♥

by bali-no-sora | 2012-07-26 13:08 | バリのご飯