人気ブログランキング |

バリの田舎ならでは?

そんなことしていいの?って思った出来事。

お山のほうに出掛けた帰り道、彼と友達の間で「喉が渇いたね」って話になったらしく、
そこに生えていたヤシの木の持ち主らしき人に声をかけ、ヤシを採ってもらうことに・・・。

「えっ?私お金持って来なかったヨ」
「大丈夫!どうにかなるから・・・」
どうにかなるって、どうする気ぃ~?

おじさんは彼らと話しながらヤシの木にはしごをかけて、スイスイと上っていく。
イイヤシの木だね~とか褒めてあげたのかなぁ?

b0122703_222425.jpg



採れたて新鮮なヤシの実3つ。
事もなげにスイスイと下りてきたおじさんは、今度はヤシの実を飲みやすいようにカット。

b0122703_224830.jpg
b0122703_2242286.jpg

飲み口もヤシの表面の皮をそいで作り、完璧に仕上がってる。
わかるかな?

b0122703_2253084.jpg

そうしてこのヤシの実ジュースをゴクゴクといただくワケ。

b0122703_2261756.jpg

こういう場合も口をつけないで飲むのね。
私はこれが苦手。
ペットボトルや、やかんの水も、バリ人は口をつけずに上手に飲むよね。
当たり前のことなのかもしれないけど、そんな習慣のない人には難しいヨ!^^;


その後はヤシの実を割って、中の実をそぎ落として食べる。

b0122703_2211584.jpg

でも、このときは熟れ過ぎていたせいか、美味しくないと言ってそれでおしまい。

食べ残しは鳥がつついてた。

b0122703_2212439.jpg


さて、喉も潤って一服し終えた後はお支払い。
ポケットを探りながら、
「ホントにありがとう。いくらになるかな?」みたいなことを聞いたみたい。
「いやぁ~、いいよ。いいよ!」とおじさん。
ヤシの実ジュースはあまり好きではなく、このときも一口くらいしか飲んでない私も、
思いっ切り愛想を振りまいて、笑顔でお礼を言った。

バリも日本も、田舎の人は情が厚いのね。

それにしても彼の小芝居ったらヒドイ。
「sakukurata」なくせにっ!

この彼、この前にも道路脇のトラックに収穫したマンガを積み込みしているおじさんに、
「ひとつちょうだい!」と言って、ひょいっと1つパクッていた。
おじさんも「あ~いいよ!」と答えたふうだったけど、この行動にはドキッ。

まったく知らない人に、平気で声をかけて、タダで何かをいただく彼。
バリ人特有なのか、彼の個人的な性格によるものなのか、まだ謎のまま・・・。

by bali-no-sora | 2011-11-25 22:29 | バリのあれこれ