ウブド ユリアティハウス


今回初めて5泊分、宿を決めないままバリへ。

行く前にいろいろ考えたんだけど、
「ウブド入りしてから5泊している間に探せばいいかな~」と呑気に構えての出発!
ウブドには知り合いいないのに・・・。

でもね、バリに行ったら行ったで、日中は暑いし面倒臭い病を発病。
いつものことだけど。^^;

トゥンジュンマスのチェックアウト日は近付くし、あ~あ~。

そんなとき、たまたまイイ人を紹介してもらって、一緒に宿探しをしてもらうことに!
日本語ペラペラで、日本人みたい。
フツーの会話ができるので、ノンストレス。^^

その人に紹介してもらったのが、スクマ通りにある『ユリアティハウス』。
b0122703_1053972.jpg
右手からおっちゃんが出てきてるけど、そこが入り口。


b0122703_1063233.jpg
看板を入ってすぐではなく、1軒通り越して(人の家の前を通って)到着。


b0122703_1064429.jpg
このゲート?があります。
ここからがユリアティハウスの敷地。

今回私が泊まったのは、一番奥の白い建物の右手を下ったところ。


b0122703_1011375.jpg
こちらの棟。バリ式の入り口、コリバリでーす!
テラスも広く、お隣さんとは段違いになっているので、プライバシーは多少あり。


b0122703_1014933.jpg
b0122703_10142844.jpg
しばらく雨が多かったので、若干湿気が気になり、掛け布団を西日に当てて干してみる。
ドアを開けておけばマットにも陽が当たるので、これで完璧!^^

もちろん、枕もイスにかけて干してます。


こうやって自分で工夫して、過ごしやすいように気ままにできるのがロスメンのイイところだと思う。

すべて準備されていてさぁどーぞ!ってのも悪くないけど、気に入らないときにアレンジできないのはあんまり好きではないので・・・。



b0122703_10202938.jpg
b0122703_10204748.jpg
ユリアティさんちって踊りの上手な娘さんたちがいることで有名、なんだよね?

あんまり詳しくないからわからないけど、その方たちの「絵」だと思う。
誰がどれだかわからないけど・・・。

それから天井はバリ式の高いもの。
ファンが付いてて、四隅に照明があって、それなりに明るい。

夜の読書もできるくらい、まあまあの明るさあり。

ちなみに、天井には何か住んでますけど・・・。


b0122703_10254541.jpg
西向きなので、午後テラスで寛ぐには暑い!


b0122703_10273938.jpg
でも、目の前にはジャングルちっくな木々が見え、もちろんリスの姿も・・・。


最後は、統一された石でできた水廻り。トイレのふたも便座もこの石!
ふたを開け閉めするのに、ちと重かった・・・。
b0122703_1028088.jpg
でも、涼しげなグリーンがなかなかキレイだよね!


b0122703_1032474.jpg
落ち着いた頃にスタッフが、何か飲むぅ~?と声をかけてくれて、エス・テ・タワールをいただく。

夕方デルタ・デワタに買い出しに行き、生活用品を買い揃え、準備完了!
デルタ・デワタへも歩いて行ける距離だし、ラヤ・ウブドも近いし、便利な場所。

スタッフも気さくだし、居心地の良いステイができました。^^
b0122703_10351411.jpg
ベッドメイク完成の図!

もしまたウブドに行ったら、ぜひ泊まりたい宿のひとつかも・・・。

by bali-no-sora | 2010-09-14 10:45 | バリのお宿